診療内容

お子様からシニアの方まで、ご家族の皆様でお気軽にご相談ください。(イオンモール神戸南:土日祝も診療)

概要

  • 眼科一般診療(眼の病気の診断と治療)
    ●目の見え方の異常(近視、遠視、乱視、老眼・老視、目の疲れ・かすみ・VDT症候群など)
    ●結膜炎(アレルギー性結膜炎、はやり目、急性結膜炎)
    ●花粉症(アレルギー性鼻炎の飲み薬・鼻用パウダー処方も)
    ●ゴロゴロ感(ドライアイ、めばちこ)、お肌の乾燥・カサカサ感(保湿剤処方)
    ●白内障、緑内障の検査・点眼治療と手術相談
    ●飛蚊症、網膜疾患の診断・検査・手術相談(網膜前膜、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性等)、術後の経過診察
    ●小児眼科(斜視・弱視のスクリーニング検査、眼鏡処方、色覚検査、学校検診の2次検診)
    ●人間ドックの2次検診(視神経乳頭陥凹拡大、緑内障、高眼圧症、白内障の疑い、黄斑部異常、視力低下)
    などなど何でもお気軽にご相談ください。
  • 眼鏡処方(必ず電話でご予約をお願いします。)
  • コンタクトレンズ検査(予約不要ですが、ご予約の方優先+)

さらに詳細な検査・本格的な手術が必要な場合は、
病状の重症度はもちろん、個々の患者様のお住まい、仕事場などの生活環境も総合的に相談し、
一番よいと思われる施設に紹介できるよう努めています。

主な紹介・提携医療機関
(兵庫区)
三菱神戸病院、神戸百年記念病院、川崎病院
(中央区)
神戸大学医学部付属病院、神戸市立医療センター 中央市民病院、兵庫県立こども病院、神戸赤十字病院、神鋼記念病院
(長田区)
神戸市立医療センター 西市民病院
(須磨区)
国立病院機構 神戸医療センター
(垂水区)
掖済会神戸病院
(西区)
神戸市立西神戸医療センター
(北区)
済生会兵庫県病院
(灘区)
神戸海星病院

眼科、他科かかわらず、地域の医師会の診療所の先生方とも連携して治療にあたっております。
※上記以外の医療施設でも、相談の上、全国どこでも紹介致します。

 

こんな”目”の症状の方はご相談ください

院長
あなたの”目”のお悩み、聞かせて下さい

~こんな症状ございませんか?~

【目が見えにくい】目が疲れる・目がかすむ・まぶしい・物が二重にみえる・虫のようなものが飛んで見える

【目の異物感】痛い・かゆい・ごろごろする・充血する・乾く・涙がよく出る

【その他】

  • 糖尿病で主治医の先生に眼も見てもらいなさいといわれている
  • 人間ドックで緑内障の疑い、眼圧が高いといわれた
  • 学校検診で視力低下を指摘された
  • 大きな病院の眼科で手術をしていただいたが、主治医の先生から「病状が落ち着いたので、開業医の眼科へ通いなさい」と言われた

眼に関すること何でもご相談ください。

 

よくある”目”のご相談

弱視

うちの子、テレビを近くで見たり、眼を細めてたりしてるけど、本当にみえているのかしら?
両親でも、しばしばお子様が見えてないことに気づけない場合も多いです。 困ったことに、3歳半までのお子様は集中力が続かず、視力検査をさせてなかなかさせてくれないこともしばしばです。でも、スポットビジョンスクリーナーなら、6ヶ月以降のお子様から成人まで「見る能力」を迅速(約1秒)かつ正確に、検知します。保険適応です。弱視は予防/治療できる病気です。「遅すぎた・・」となる前に検査しましょう。詳しくはこちらで
弱視についてはこちらをご覧ください
日本眼科学会ホームページ『弱視』

白内障・緑内障

うちのおじいちゃん、おばあちゃん、最近、見えにくそうにしてるけど・・・本人は大丈夫だっていうけど、私たちは心配です。
白内障や緑内障などは徐々に進行することが多いため、ご本人も気づかない事はよくあることです。
40歳を過ぎたら、1年に一度は眼科の受診をしましょう。
見えにくいまま我慢していると、いずれは転倒して、あしを骨折してしまい、寝たきり状態に陥りがちです。また、眼からの情報が少ないと、脳への刺激も少なくなり、認知症になる危険性も高まります。
ご家族の皆様が、いつまでも健やかに笑顔で過ごせるよう、私もお手伝いさせていただければ幸いです。
是非、一度、ご家族でご来院ください。

 

白内障についてはこちらをご覧ください
日本眼科学会ホームページ『白内障』

緑内障についてはこちらをご覧ください
日本眼科学会ホームページ『緑内障』

アレルギー

よく眼や鼻がかゆくなるけど、自分は何かに対してアレルギーがあるのでしょうか?
その症状、確かに、アレルギーかもしれませんね。20分で結果のわかるアレルギーの検査(主要な8種類)があります。原因物質を知ることで、事前にお薬を飲んだり、目薬をしたりして、身を遠ざけるなどの対策が立てられ、症状を緩和することができます。保険適応です。3割負担の場合で約3000円、1割負担の場合で約1000円です。

(神戸市のこども医療費助成のご案内) 平成29年7月現在
外来医療費の自己負担上限(1医療機関あたり)
○0~2歳:無料
○3歳~中学3年生:400円(2割負担で)。ただし、同じ月の3回目以降は無料
※こども医療費助成を受けるには、保護者が区役所で手続きをする必要があります。
アレルギー検査に関して、詳しくはこちらをご覧下さい

コンタクトレンズ

コンタクトレンズ装用してるけど、ちょっと、眼が乾く、かゆい。でも、目薬の説明書にはコンタクトレンズの上から、「点眼禁止」と書いてあるし・・・
目の調子が悪い場合は、コンタクトレンズ装用を中止し、なるべく早めに眼科専門医へご相談ください。

重症の場合はコンタクトレンズの装用中止のままにしていたただく場合もございますが、病状が軽い場合、コンタクトレンズの上からの点眼を禁止されていないアレルギー用目薬、ドライアイ用目薬の処方を検討いたします。(保険適応)。もちろん、コンタクトレンズの変更も相談いたします。

その他、目の疾患

他に、眼の病気や予防について、わかりやすくもっと知りたい。
当院にも、色々な病気についてのわかりやすいパンフレットを無料で用意してます。遠慮なく、ご自由にお持ち帰りください。また、下記の日本眼科学会のホームページも、情報に信頼性があり、より理解を深めてくれます。
是非ご参考にしてください。
日本眼科学会ホームページ

 

お薬の院内処方もしてます。

お薬の院内処方をおこなっております。イオンモール神戸南内に調剤薬局はございません。しかし、開業後、99%以上の患者様には院内処方でご満足いただけています。かかりつけ薬局での調剤をご希望の方にも院外処方もしております。まれに、必要なお薬が院内にない場合は院外処方でお願いいたしますが、ご協力をお願いします。

院長 日本眼科学会認定 眼科専門医です。

その他、眼に関する悩み何でも相談してください。